International Triathlon Union

エントリー(エリート)

はじめにご確認ください

  • エントリーにおける諸注意
    *エントリー期間内に、各エントリーページから必要事項を記入の上、申し込みを完了させてください。選考基準・必要書類受領をJTU事務局で確認の上、各大会指定日に、出場者発表(大会参加確定通知)を行いますので、その後に参加料支払の流れとなります。
    *大会エントリーには、ローソンWeb会員にご登録の上、当該年度JTU登録およびローソンWEB会員情報との紐づけが必須となります。前年度JTU登録者で当該年度への更新をされた方も、エントリー手続き前にローソン・マイページにて情報の更新を行っていただく必要があります。(詳細はこちら
  • 参加辞退
    参加費の支払いの有無に関わらず、参加申込いただいた選手は出場の意志があるものとみなします。参加辞退(ケガ、病気など)を希望する選手はすみやかにJTU事務局までご連絡ください。
  • 参加費の返金
    個人都合(ケガ、病気など)により出場を辞退する場合は、エントリー費の返金はできません。
  • 競技説明会の参加
    競技説明会(大会前日)は参加義務となっております。参加されない場合は競技に出場できない場合があります。
  • 加盟団体推薦
    強化指定を受けている選手以外で加盟団体推薦として出場希望する場合は、推薦手続きが必要です。所属加盟団体に推薦状の提出を依頼してください。(推薦状発行手順は下記「加盟団体推薦状について」を確認ください。)
  • 派遣依頼書申請方法
    派遣依頼書をご希望の選手は 専用フォーム からお申込みください。
  • PPE(Pre Participation Examination)提出
    2018年よりWorld Triathlon主催イベントに出場するエリート、U23、ジュニア、エリートパラ選手に対して、PPE(Pre Participation Examination)の提出が必要となります。(提出規則はこちら
  • 日本アンチ・ドーピング規程
    下記のすべての大会は、日本アンチ・ドーピング規程が適用されます。下記「ドーピング検査について」を熟読し、未成年者(18歳未満)は親権者からの同意を必ず提出してください。
  • ドラフティング講習会
    ドラフティング許可のJTU公式大会(エリート)における大会出場申請・エントリーにおいて事前に講習を受けることを前提としています。講習会開催については、加盟団体またはJTU強化拠点にお問い合わせください。
    →|加盟団体連絡先一覧
    ドラフティング講習会は、開催基本条件 に沿って実施します。

国内アジアカップにおける出場辞退についての注意喚起

  • 2018年度よりWorld Triathlon競技規則が一部改訂となり、World Triathlon大会において競技30日前からのキャンセルはペナルティの対象となります。内容を十分ご理解の上、エントリー手続きを御願いします。
    https://www.jtu.or.jp/news/2020/01/24/14247/

大会エントリー前に

  • 該当年度JTU登録をお済ませください。(未登録の方は出場できません)
    https://www.jtu.or.jp/register/
    * 前年度に登録済みの選手も更新手続きを行ってください。
    *2018年度からエリート登録は不要となりました。大会毎で承認を行います。

競技ルールについて

加盟団体推薦状について

  • 推薦を希望する選手は、所属都道府県加盟団体事務局へエリート大会に出場希望の旨を連絡し、推薦書の発行を依頼してください。その際、「氏名、連絡先、JTU登録番号、推薦に必要な記録会記録、主要大会記録等」を明記し加盟団体に提出してください。
    ※推薦基準は加盟団体により異なります。各加盟団体事務局へお問合せください。→|加盟団体連絡先一覧
  • 各大会の 出場基準 により推薦手順が異なりますので、事前にご確認ください。
    ※ロング、デュアスロン強化指定選手がトライアスロン大会に出場する場合は、推薦書が必要です。

ドーピング検査について

  • 下記のすべての大会は、日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会です。
  • 大会参加者は、競技会にエントリーした時点で日本アンチ・ドーピング規程にしたがい、ドーピング・コントロール手続の対象となることに同意したものとみなします。
  • 未成年者(18歳未満/大会当日年齢)については、ドーピング検査を含むドーピング・コントロール手続に対する親権者からの同意をJTU事務局へ提出しないとエントリーできません。
  • 同意書の提出方法

    1. アンチドーピングに関する同意書 をダウンロード・印刷
    2. 署名欄サイン及び電子データ化(スキャンまたは写真撮影)*推奨ファイル形式(pdf,jpeg,gif,png)
    3. 申請フォーム にて同意書データをご登録 →提出完了

     

  • ドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、アンチ・ドーピング規則違反となる可能性があります。アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので注意してください。
  • 日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容およびドーピング検査については、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイト で確認してください。
  • JTUアンチドーピング・ホットライン
    アンチドーピング活動の一環として、強化チームとアンチドーピング委員会が連携し、JTUアンチドーピング・ホットライン を設置しています。禁止物質を含んだ薬・漢方薬・サプリメントを摂取しないよう、選手・コーチからの質問・相談に迅速に対応いたします。

PCR検査について

  • Withコロナの新様式を用いたトライアスロン大会の再開に際し、新型コロナウィルスの感染リスクを最小限に留め、選手、スタッフの安全を守ることを目的として、指定するJTU公式エリート大会おいて選手および選手と近距離で接触の可能性がある大会運営スタッフを対象に、PCR検査を実施いたします。PCR検査実施における詳細については、各大会事務局もしくはJTU事務局より対象者へ順次案内予定です。
    JTUリリース:https://www.jtu.or.jp/news/2020/09/29/29850/
  • PCR検査結果が陽性の場合、各大会事務局及びJTU事務局へ速やかに連絡の上、所在地域の保健所からの指示に従って行動してください。
  • 未成年者(20歳未満/大会当日年齢)については、PCR検査を含む新型コロナウイルス関連手続に対する保護者からの 同意書 をJTU事務局へ提出する必要があります。提出方法は各大会事務局よりご案内します。
  • PCR検査結果フォーム より、PCR検査結果をご提出ください。
  • その他、事前健康行動チェックシート等、各種関係機関の新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに従いご依頼する事項がある場合は、各大会事務局よりご案内させていただきますのでご協力よろしくお願いいたします。

大会開催情報は予定のものもあり、変更の可能性があります。詳しくは各大会主催者の情報にてご確認くださいますようお願いいたします。